…………………………………………………

  • 2020/09/22

  • 昨日、お昼ご飯を食べてたら元夫から電話がありました。

    「さっきから目まいと吐き気がして苦しい・・・、右手も痺れてる、工場(元夫の仕事の作業場)にいるんやけど運転できそうもないから病院に連れていって欲しい」という事でした。

    えっ、なんで私に?って思ったけど、多分ムスコは電話に出なかったのでしょう。
    (朝から出掛けてました)

    他に頼る人いないのかい!って思ったけど、こんな時はしょうがないし「支度してからすぐに行くから」って伝えました。

    1ヶ月ほど前にも同じような事を言ってたんですよね。
    目まいと吐き気と右手の痺れ。

    脳梗塞とか脳卒中の前兆かもしれないって事で、総合病院で検査の予約をしてたらしいです。

    やっぱり頭系? でも言葉もはっきりしてたし、とりあえず私はご飯を食べちゃおうって、のんびり構えてたら10分ほどしてまた電話。

    「まだか? もう辛い、アカン・・・気持ち悪い・・うう・・」って本当に辛そうでした。

    焦った私は「もう家を出たけど(ウソ)、まだ少しかかるから救急車呼んだ方がいいよ、私もすぐ行くから」って言ってるうちに電話が切れました。

    大急ぎで着替えて家を出て、車を運転してたらまた電話。

    「今救急車呼んだから・・.、病院の方に来て・・・」って。

    病院って言ったってどこに運ばれるかわからないし、とりあえず作業場に行ってみると、救急車が到着してました。

    元夫はもう中にいるようで、救急隊の人に容態を聞くと、意識もあるし今すぐどうこう言う感じではないと。

    「〇〇病院に向かいますが、一緒に乗りますか?」って。

    自分の車で行きますって断ったけど、今考えて見たら乗ってみればよかった。
    救急車に乗った経験はないので、体験してみたかったかも。^^;

    ムスコにもすぐに〇〇病院に来るようにと電話で伝え「一応は覚悟しておいてね」と。

    私が病院に到着すると元夫は検査室に運ばれたようで、呼ばれるまで待って下さいと言われました。

    その間にムスコ到着。

    だいたい私は他人なので、入院とか手術になっても同意書とかにサイン出来ません。
    (・・・出来るのかな?)

    元夫は一人暮らしで(結婚してた頃の家に今も1人)、別居家族には母親と弟がいます。
    なんで弟に連絡しなかったのかなーー。

    CT検査の結果、頭には問題がなかったそうです。

    手のしびれの原因はわからないけど、目まいと吐き気(何度か吐いたらしい)の症状から先生は「良性の発作性の目まい」ではないかと思うけど、落ち着いたら耳鼻科の方で検査してくださいって。

    点滴と吐き気止めの処置してもらって、歩けるようだったらもう帰っていいとのこと。

    まだ気分は回復してないようで1人になるのが不安だったのか、元夫はウチに来たそうだったけど、ウチに来られても困りますし、息子が送って行くことになりました。

    やれやれ疲れた・・・と少し休憩してから家に帰ると、なんと元夫が家のリビングで横になってるじゃないですかぁ!

    ムスコによれば、車の中でまた吐いてしまい、フラフラな状態だったから連れて来たとか。
    (元夫の家で付き添ってあげればよかったのに)

    それからウチで3時間くらい横になってたかなぁ。

    もう大丈夫ってことで、今度こそムスコが送って行きましたがちょっと複雑です。

    困った時にはお互い様とも思うけど、これからもそうなの?
    ウチに頼るの?

    ムスコにとっては父親だから面倒をみる義務もあるだろうけど、私をアテにされても困ります。
    (後で聞いたら最初から私に電話したみたいです)

    元夫が、時々ご馳走してくれたり、貢物(食べ物など)を持ってウチに遊びに来たり、色々親切にしてくるのはこういう時に頼りたいという打算があったように思えて仕方ありません。


    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

    応援して頂けると嬉しいです^^


  • 2020/09/15

  • ムスコの調子が悪化したので、病院に連れていきました。

    長引く鬱の原因の一つとして、精神科デイケア内での人間関係もあったようです。

    人が生きていく上で、人間関係の問題は避けられないものだけど、普通なら気が合わない人とは一線置くとか、ほんの少し視点を変えるとか。

    なんとか自分で解決していくのだろうけど、発達障害(自閉スペクトラム症)の息子にはそれが難しい。

    自分は嫌われてるとか、自分はいなくなった方がいいとか思い込んで現実逃避に陥ります。

    しかも最近ムスコは薬を飲んでなかったらしい!

    薬の副作用が嫌で、もう10日ほど飲んでないって。

    抗うつ薬は急にやめると離脱症状が現れたりするから、段階を踏まないといけないのに。
    (><)

    先生からは入院をすすめられました。

    でも、本人は入院はしたくないみたいです。

    理由は彼女。

    彼女は双極性障害。
    情緒不安定になりやすく、息子に対する依存も強い。

    その事が息子は気になるらしく「俺がいないと彼女が悪く(病気が)なるから」って。

    先生は「調子が悪い時に2人でいると、共倒れになりやすいですよ。」って、私が考えてるのと同じ事をおっしゃってました。

    それでもやっぱり入院は嫌なんだって。

    そんなムスコの様子をみて『共依存』だなって思いました。

    彼女の為と言いながら『自分を必要としてくれる彼女』を必要としている。

    そこに自分の存在意義を見出してるというか・・。

    結局、薬を変えて様子をみようと言うことになりました。

    ちなみにムスコ、副作用が嫌だったのは、「太る」事と「意欲減退」だそうです。

    そしてムスコに加えて、母の問題・・・。

    先週に行くはずだったデイサービス体験。

    前日に母に確認の電話してみたら、行きたくないと言い出したんです。

    要支援の認定を受けるまで私も結構頑張ったし、ケアマネさんも色々調べて予約までしてくれたのに・・・って思ったけど、なんだか気が抜けちゃいました。

    気がすすまないなら、行かなくていいよ。

    電話して体験をキャンセルしてもらいました。

    デイサービスに通うことは、母のためって思ったけど、本人にしたらそうじゃないかもしれない。
    家でTVみてたほうが楽しいのかもしれない。

    お風呂に入れないなら嫌だとかなんとか文句ばっかり言ってたけど、介護サービスを受けること事態、最初から嫌だったのかな。

    ヘルパーさんも必要無いって言うし。

    「母のために」。
    それって結局私自身のためだったって思います。

    母が「毎日一人でいるとボケてしまう」とか、「お風呂に連れていってほしい」とか言うから、私は週2くらいのペースで実家に行ってたけど、結構重荷でした。

    私は、自分が楽になるためにデイサービスに行ってほしかったんですよねぇ。

    デイサービスの事は、母が自分から行きたいというまで放置する事にします。






    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

    応援して頂けると嬉しいです^^


  • 2020/09/03

  • 一昨日ですが、地域包括支援センターのケアマネさんが実家に来られるということで、また私も同席しました。

    先日見学に行ったデイサービスの施設では、要支援の方はお風呂を利用出来ないということで、母は「そんなら行きたくないわ」って話でした。

    ・・・私は勘違いしてました。(><)

    「要支援の方はお風呂を利用出来ない」のではなくて、たまたま見学に行った施設はダメなだけで、他の施設ではお風呂に入れるのだそうです。

    もともと、なぜその施設を見学希望したのかというと、私の住んでるマンションの近くで散歩中に目について、最初に介護のことを電話相談したのがその施設だったって事だけで、絶対そこに行きたかったわけではありません。

    一口にデイサービス施設といっても、半日だけのところとか、お風呂がないところとか、施設によって色々特徴があるんですね。

    それで、確実にお風呂の利用が可能なA施設とB施設を紹介してもらいました。

    A施設は人気がある様で人多め。
    B施設はリハビリに力を入れてるから、母向きかもとのこと。

    AとBの2施設を「体験」させてもらうことになりました。

    まず来週はA施設へ行きます。

    母は、また私に付き添いしてもらえるものと思ったらしいけど、「見学」じゃなくて「体験」だから私は行けないのよ。^^;

    今回同席して、母の様子を見ていて、理解力がものすごく低下しているように感じました。

    ケアマネさんの言うことに返事もするし、質問にも答えます。
    その瞬間は理解出来てるんだと思う。

    だけど次の話に移って、それからまた元の話に戻ると、さっきの話はもう忘れていたり・・・。

    あと話が長くなったり展開が早くなると、全くついていけず、ただぼーっとしてるだけ。

    今までは耳が聞こえづらくて、話がトンチンカンになるって思ってたけど、それだけじゃないみたい。

    認知機能が衰えてきてるんでしょうねぇ(´・_・`)
    (私も母の事言えないけど・・・)

    でも興味のある話(プロ野球とか)なんかは、解説者並みに詳しいし饒舌になりますが。^^;

    あとコメントで教えていただいた『家に来てくれて掃除や買いものなどのお手伝いをしてくれるサービス』の事も聞いてみました。

    週2回(1回45分)で可能だそうです(1人暮らしに限るのかな?)。

    介護サービスって、すべてが単位数で計算されるんですね。

    サービスを受ければ受けるほど単位は加算されて、要支援1だと月5,032単位(50320円程度)までは1割負担(母の場合)で、それを超えたら実費。

    うまい仕組みになってますねえ。

    ケアマネさんが帰ったあと、母と一緒にランチしました。

    ココスの日替わりランチです。
    IMG_2046.jpg
    チキンステーキトリュフ照り焼きソース&白身魚フライ

    IMG_2047.jpg

    トリュフソースが美味しいねって母に言ったら、「それサメのやつやな」と、キャビアと勘違い?^^;

    白身フライについては、
    母が「これなに?」って聞くので、「白身フライやよ」って答えると、母は一口食べて、

    「なんやコロッケやったんやな」

    上にタルタルソースが、いっぱいかかってたから魚の味がしなかったかもしれません。
    そやけど白身フライゆーてるやん! ^^;

    すべての会話がこんなトンチンカンではありませんが、だんだんと増えてるような・・・。



    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

    応援して頂けると嬉しいです^^


  • 2020/08/26

  • 昨日母から「要介護認定の結果が郵送されて来たよ」って電話がありました。

    結果は「要支援1」だったそうです。

    良かった! ぎりぎり引っ掛かりました。^^
    これで介護予防サービスが利用できます!

    先日の訪問調査の時に、包括支援センターの方が「結果がわかったらお電話下さいね」とおっしゃってたので、さっそく実家に「介護保険者証?」を確認しに行かなきゃって思ったけど・・・。

    母がもうすでに電話したって。

    ほぉーー、「電話下さいね」って言われたのは私なのに、母は横でそれは聞こえてたんだ。^^;

    母「そやけど、お風呂が利用出来んのなら行きたくないし、包括の〇〇さんにも行かんって言ったんや」って笑ってます。

    ええっ・・・・。(><)

    包括の方は「一度施設に相談してみますから、そんな事言わずに・・・」っておっしゃられたそうだけど。

    母は私にも「お風呂に入られんのやったら行く意味ないし、家でTV見てたほうが楽やわ、あんな所に行くより」だって。

    ちょっと苛っとしました。
    あんな所って・・・・。

    そもそも母がお風呂にこだわるのは、お風呂掃除が出来なくなってきたからです。

    痛い足を庇いながら無理な姿勢で力を使って洗うのはしんどいみたいで。

    「時々私が洗いに行くから」って言いましたが、そんな迷惑はかけたくないって嫌がられました。
    変なところで意地はります。

    介護予防サービスは『将来的になるべく支援や介護を必要とせずに生きていけるように支援する』ってサービスなんですよね。

    お風呂だけじゃなくて、これからケアマネージャーに相談しながらケアプランを作成してもらって、機能訓練とかリハビリとか受けてほしいと、私は考えてました。

    私(怒りモード)「これから歩けんようになったって、私が付きっ切りで傍に居てあげられるわけじゃないんだからね!」って強い口調で言ってしましました。

    母「ほんならデイケアで医者に診てもらえるんか!」

    母も負けじと言い返してきた。 ^^;

    さすがに医者はいないだろうけど、機能訓練員さんとかいるんじゃない?って思ったけど、私も確かな事はわからないので(要支援1でどこまでサービスを受けられるのか)それ以上は黙ってました。

    それにしてもちょっと感情的になって失敗したな・・・。

    「これ以上悪くならないように自分のために、私のためにも、デイケアに通ってみようよ」くらいに言えばよかった。

    来週、また包括の方が実家に来られるそうなので詳しく聞いてみます。
    私が介護保険サービスに期待し過ぎているのかもしれないし。






    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

    応援して頂けると嬉しいです^^


  • 2020/08/21

  • まだ要介護の認定の結果も出てないのだけど、母を連れてデイサービスの見学に行って来ました。

    通所型のデイサービスは、要支援1~要介護5までの認定を受けた高齢者さんが利用できる施設で、食事や入浴、レクリエーション、機能訓練などが行われます。

    予約してた時間に到着して中を覗くと、スタッフさんが忙しそうに動き回ってる!

    誰かに声をかけなくちゃって入口に立ってたら、1人のスタッフさんが足を止めて「〇〇さんですね! お待ちしてました!」と笑顔で出迎えてくれました。

    そのスタッフさんが別の方を呼んできてくださり、その方も「お待ちしてましたよ!」と優しい笑顔。^^

    中に入るとすぐに、解放的な大きなホールです。

    1時をちょっと過ぎた頃で、利用者さん達はお昼ごはん後の自由タイムの様。

    そこにはTVを見てる人や、新聞読んでる人、テーブルを囲んで雑談してる人や、お昼寝してる人、ぼぉーっとしてる人、全部で30人くらいかな?

    男女比は3:7くらいでおばあちゃんが多い感じがしました。

    デイサービスでの1日の主な流れは、

    8:30~送迎(自宅まで迎えに来てくれる)
    到着後 健康チェック(血圧・検温・脈拍など)
    10:00~入浴
    (入浴しない人は、創作活動、手芸・折り紙・好きな事なんでも)又はリハビリ
    12:00~食事
    13:00~自由時間
    13:40~集団体操
    14:00~レクリエーション
    15:00~おやつ
    15:30~本人に合わせた活動
    16:30~送迎

    たまには外出して、お祭り、芋ほり、買い物、散歩など。
    保育園みたいな感じですね(笑)。

    お風呂も見せてもらったけど、広いし、ガラス張りで明るくて普通の銭湯のような感じです。
    快適そう♪

    ただスタッフさんの話によると、基本お風呂を利用できるのは要介護の人で、要支援の人は必要と認められた時しか利用できないそう。
    (介護認定がおりたとしても母はおそらく支援1?)

    他の場所も案内してくれて、スタッフさんが説明してくれるけど、母は耳が遠いから半分くらいしか聞こえてなかったと思う。

    時々トンチンカンな答えを返すし、聞かれてもないことを話だしたりして・・・。
    でもさすがに施設の方は慣れてるみたいで、上手に受け止めてくれてました。

    今回見学させてもらった通所型デイサービスは、定員が40名で規模としては大きい方らしいですが、、市内には他にも何箇所かあるそうで、どの施設を選んでも良いそうです。
    (人間関係とかで、途中で別のところに変わる人もいるそう)

    週1回程度、こういうところで過ごせたらいい気分転換になると思うなぁ・・・。

    要介護認定の結果に期待します。

    本人は、お風呂に入れないかも知れないとわかって、ちょっと不満そうで、特に行きたそうでもなかったけど。^^;





    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

    応援して頂けると嬉しいです^^


  • 広告

    プロフィール

    しましまネコ

    Author:しましまネコ

    50代無職のシングルおばさんです。
    発達障害のニート息子と保護ネコの気楽な2人と1匹暮らし。
    2014年に乳がん。左胸切除、抗がん剤、ハーセプチン、ホルモン治療を経て現在は無治療(半年に1度の検査のみ)。
    節約しながらシンプルに暮らしています!

    スポンサードリンク
    カレンダー
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    カテゴリ
    検索フォーム